ニュース

2016/11/17

トラックサイクリングワールドカップ第1戦2戦結果報告

11月3日からGlasgow、Apeldoornで行われましたワールドカップ第一戦、二戦の結果をお知らせします。

第一戦
4日、男子スプリントに参戦した和田は、予選タイム10秒293で28位で2回戦に駒を進めました。
1/16決勝は中国の選手に敗れ、 1/8決勝には進めませんでした。
5日、男子ケイリンに参戦した新田は、予選を1着でゴールし、続く2回戦を2着で入線しました。
決勝戦では接戦の末、4着でメダル獲得はなりませんでしたが、世界と互角に戦う力を実感できる試合結果でした。
6日、男子チームスプリントに和田、新田、浅井の3選手で出場しました。
予選46.304秒、13位で次の1回戦に進むことはできませんでしたがチーム発足後初めてのチーム戦で、次の大会に向けての課題を見つかり、今後の活躍が期待できます!

第二戦
12日、男子スプリントに出場した新田は、予選タイム10秒467で34位で残念ながら本戦には進めませんでした。
13日、男子ケイリンに出場した新田は予選を5着でフィニッシュし、敗者復活戦に進みましたが、結果4着で2回戦進出なりませんでした。
飛行機での長距離移動、二週間という長期滞在、ヨーロッパの慣れない気候の中行われた二大会でしたが、チーム一丸となり戦いました。

今後も世界規模の大会に積極的に参戦しますので、皆様引き続き応援宜しくお願いします!

一覧に戻る